子持ち会社員が不動産鑑定士になる方法

無冠の子持ち会社員が32歳から不動産鑑定士を目指す記録です。

宅建士の勉強方法を選ぶ

時間はお金に変えられないものです。

効率的な学習であるかどうかは、社会人の私にとって切実です。

 

市販教材による独学や通学講座など、いろいろな勉強方法がありますが、

私は宅建士の勉強教材として、

通信講座のフォーサイトを利用することにします。

 

(だれかにフォーサイト薦めるわけではありません。

ただ私が選んだだけです。

勉強をひと通り終えたら 講座について 個人的な総評は記録します)

 

選んだ理由は、

 

①安い

②講義がDVD・CD・web全部ある

スマホ用アプリで問題演習ができる

④合格率が高い

 

次に活用方法です。

 

①車の中で講義CDをBGMとして流す

②DVD講義を視聴しながらテキストを読む

③隙間時間に専用アプリで問題演習

④過去問題集をやる(1巡)

 

とりあえず ここまでを 1 とし、

宅建士の試験科目  全4科目(宅建業法・法令上の制限・その他法令・権利関係)について、

30日でやることにします。

 

目標期日は  1月20日  とします。

 

[概算]

フォーサイト講義DVD視聴  合計20h  +復習20h  =40h

フォーサイト過去問  合計 約590問  ×1問4分(2分+復習2分)  =39h

79h  ÷1日2.5h  =31.5日