読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子持ち会社員が不動産鑑定士になる方法

無冠の子持ち会社員が32歳から不動産鑑定士を目指す記録です。

鑑定理論という科目

不動産鑑定士試験では最重要科目である鑑定理論★

 

TACから2月初旬頃に教材が届き、

宅建の過去問2回転目と並行して学習を開始!

 

…と思っていたのに、

 

 

分量が多すぎて、同時どころか、

鑑定理論の復習も追いつかない(・・;)

 

 

これは、キツイ(・ัω・ั)

 

 

科目のざっくりとした印象は、

 

 

『典型的モテない男の学問』

 

 

 とにかく理屈に理屈を重ねる(´ε` )

 

 

そして私はこの科目どうかというと、

 

 

決して嫌いじゃない(゚∀゚)

 

 

しかし、

仕事も年度末に入り、

思うように学習が進まない_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

民法の教材発送予定を見ると4月中頃

 

 

…鑑定理論は予定が押してもある程度仕上げたいな

 

まずいのは宅建を忘れかけている…

 

というか、かなり忘れている(*´ω`*)

 

 

なんとかしなければ(。ŏ﹏ŏ)

 

 

◆はじめて覚えた基準♪

高度な知識と豊富な経験と的確な判断力とが有機的に統一されて、初めて的確な鑑定評価が可能となるのであるから、不断の勉強と研鑽とによってこれを体得し、鑑定評価の進歩改善に努力すること。

 

 

これはビビっときた(*゚∀゚*)

 

 

たぶん1番だな(๑>◡<๑)

 

 

まぁ試験には出ないんだろうけどww

TAC生になりました

不動産鑑定士を目指す通信講座はTACかLECの2択(´-ω-`)

 

 

おそらくどちらもしっかり教えてくれるんだろうなと思います★

 

 

で、私はどちらにするか迷ったあげく、

 

 

TACに決めました(*⁰▿⁰*)

 

 

合格者の7割はTAC生らしいので(^^)

 

 

47万円*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

そしてその後、LECのPRハガキが届く♪

 

 

34万円 だって٩( ᐛ )و

 

 

 

 

…まあそれはそれか٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

ちなみに1.5年本科生というコースです♪

 

 

2018年合格目標ということですが、

私は2019年合格目標ですけどねッ★ w

 

 

長いことお世話になるであろう教材です♪

 大切に使うべし!

 

 

宅建の過去問2回転目と並行して、

学習を始めます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

権利関係(宅建)

主な内容は以下の通り

(鑑定士の出題数はH28年度試験)

 

民法  10/50問 鑑定士 論文試験科目

 

借地借家法 2/50問 鑑定士 ー

 

不動産登記法 1/50問 鑑定士 行法1/40問

 

建物区分所有法 鑑定士 ー

 

 

 

借地借家法に苦戦_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

でもこの2問は確実に拾わないとダメらしい

 

 

所有権などフォーサイトが捨てろと言った範囲は、

言われた通りスッパリ飛ばしました(*⁰▿⁰*)

 

 

テキストだけはざっと読んだけれど(´-ω-`)

 

 

【勉強にかかった時間】

①講義   4h

②テキスト   7.5h

③過去問   19h

   合計   30.5h

 

 

これで宅建の範囲は一通り流しました♪

 

 

 

今からもう一回まわしときます( ・`ω・´)キリッ

 

f:id:hudousankanteishidou:20170131222355p:plain

 

 

その他の法令 (宅建)

主な内容は以下の通り♪

 

①土地及び建物

→2/50問   鑑定士  ー

 

②宅地及び建物の需給及び実務

→3/50問   鑑定士  ー

 

③不動産鑑定評価基準

→0.5/50問   鑑定士   論文・短答ともに最重要

宅建ではほとんど捨て問扱いだったw

 

地価公示

→0.5/50問   鑑定士  短答式 行法  1/40問 ?

 

⑤税法 (不動産取得税、固定資産税、所得税、ほか)

→2/50問   鑑定士  短答式  行法  2/40問 ?

 

 

実務経験があれば、講習受けるだけで①と②の計5問が免除されるらしい‼︎

もちろん不動産取引業とは無関係な私には関係ありませんがσ(^_^;)

 

 

 

税法がこんがらがる↓

特例がひどい‼︎

固定資産税の新築住宅特例とか所得税の買換え特例とか軽減税率とかΣ(-᷅_-᷄๑)

まったく自信がもてない(・ω・`)

 

 

統計とかは割とおもしろい♪

 

不動産業の経常利益がH24年からH26にかけてガツンガツンと上がってる!

景気に影響されるイメージがあったけどなー。

 

 

しかも気になるのが、

着工新設住宅の1戸あたりの床面積がどんどん減ってる!

H12からのデータしかないけど、この前どうだったんだろ(・Д・)

 

人口減ってるから土地余るものと思いきや… 

 

所得の低下で大きい家建てられないのか?

 

核家族化が進んでるから、そもそもデカイ家が要らないとか?

 

持ち家率下がっているのが1番の原因だろうけれど…

 

私は可能な限りデカイ家に住みたいぞ(๑>◡<๑)

 

  

最新のデータを見てみたい‼︎

 

フォーサイトから宅建試験前に送られてくるらしい!

 

調べないで楽しみにとっておこう(`・∀・´)

 

 

 

【勉強にかかった時間】

 

①講義   2h

②テキスト   10.5h

③過去問   11h

 

合計   23.5h

 

 

当初に計画していた期日を過ぎてしまったσ(^_^;)

まるまる権利関係が残っている(`・∀・´)

 

f:id:hudousankanteishidou:20170121163931p:image

 

経済学の入門

宅建(不動産関係法規)ばかりだと嫌になってくるので…

 

経済学入門のために買ってみた本(´・ω・`)

 

①速習!マクロ経済学

②速習!ミクロ経済学

③速習!経済学トレーニング

 

Amazonのランキング堂々の1位!

  

不動産鑑定士の受験者だけでなく、

中小企業診断士国家公務員試験などの他資格の受験者も入門に使っているそう( ・`ω・´)

 

なんでもYouTubeで見られる著者の講義動画がわかりやすいとか♪

 

 

 

なるほど、私もすぐに石川先生のファンになりました(^_^)/ 

 

正直、中身をパラパラ見てもちんぷんかんぷん(´∀`*)

 

けれど講義は聴いていておもしろい(^ν^)

 

実際に問題を解いてないので経済学がわかってきているのかは不明だけれどw

 

 

教養科目に時間をかけるなというのが定石なのだろうけれど、私みたいに人生を謳歌しすぎて貯蓄がない人間は、ゆっくりやりませう( ・`ω・´)キリッ

法令上の制限 (宅建)

主な法律は以下の通り♪

 

都市計画法

→2/50問   鑑定士 行法 5/40問

建築基準法

→2/50問   鑑定士 行法 5/40問

国土利用計画法

→1/50問   鑑定士 行法 1/40問

農地法

→1/50問   鑑定士 行法 1/40問

土地区画整理法

→1/50問   鑑定士 行法 2/40問

宅地造成等規制法

→1/50問   鑑定士 行法 1/40問

 

暗記

 

暗記

 

暗記!

 

数字が頭に入ってこない(。ŏ﹏ŏ)

 

 特に建築基準法

  

でも今後のことを考えると、外せない科目ですよね( ・`д・´)キリ

 

 

【勉強にかかった時間】

①講義  2.5h

②テキスト 11.5h

③過去問  20.5h

 

合計  34.5h

 

計画をオーバーしまっくっている…

けっこう時間かかるなあ(・・;)

しかも知識が雑なまま一区切りにしてしまったような… 

f:id:hudousankanteishidou:20170115221628p:plain

宅建業法(宅建)

 [出題数]

宅建士試験            

  20問/全50問

不動産鑑定士試験

   1問行政法規 全40問  (H28年度)

 

宅建業法は知識の整頓が大切だと感じました。

内容に難しいところはありません。

ただ、似ているようで違う制度煩わしいです。

 

例えば、

宅建業者免許の登録制度

宅建士の登録制度

宅建士証の交付制度

 

あるいは、

・営業保証金の供託

・弁済業務保証金の供託

・住宅販売瑕疵担保保証金の供託

・住宅販売瑕疵担保責任保険の契約

 

それぞれにおいて期間の定めや額の制限等が違っていたり一緒だったりするので困らされます。

 

ちなみに、おそらく宅建士の試験が明日ならば業法は9割正答できますが、残念ながらそうではありません。

さらに言えば、目標としている不動産鑑定士短答式試験は17ヶ月後です。

受験者の多くは、この知識を定着させることに悩まされるのではないでしょうか。

資格試験の勉強での最大の関門は、この知的好奇心がおおよそ満たされてしまった後の反復です。

結末を知っている推理小説を二度三度と読むような、そんな苦痛を感じるのはきっと私だけではないはず。

頑張って耐えなければ。

 

 

【学習の時間管理】

結果

計画比  約11hオーバー

 

(計画)  講義視聴5h +テキスト5h +過去問演習22h =32時間

(実績)  講義視聴5h +テキスト9h +過去問演習29h =43時間

 

過去問、テキストともに、復習に予想以上の時間がかかりました。

他の科目もおそらくオーバーするため、目標期日での完了は難しそうです。

しかし、やはりやるだけでは意味がないと思いますので、期日管理も大切ですが、最低限必要だと思われる時間は使っていこうと思います。 

 

f:id:hudousankanteishidou:20161231073153p:plain